About Rooters

遠藤 紀夫 

私は、松下電器 (現・パナソニック) を創業した松下幸之助の哲学を紹介している松下資料館の館長をしております。

一代で世界的な大企業を創り上げた松下幸之助は、小学校を4年で中退という学校教育をきちんと受けることができなかった人でした。

また身体が弱く、しょっちゅう寝込んでいた人でもありました。

学問がなかったから、周りの人がみんな偉く見えた。

身体が弱いから、何でも自分でするということがあまりできなかった。

そこで、学問のある人、自分より健康な人に協力してもらおう、任せていこうと考え、様々な工夫・努力をしました。

そうすることで人が育ち、会社が次第に発展していった、と松下幸之助は述懐しています。

物事の成否は、物の見方・考え方次第でマイナスにもなればプラスにもなる。

松下幸之助は、マイナスとも思える自ら背負った状況をプラスに考えた人でした。

カサンドラ・ラボ札幌の設立のお知らせを、サポートスタッフの海老名由美子さんからいただきました。

発達障害やカサンドラ症候群でつらい思いをされている方を支援することは生半可なことではできません。

その大変さをしっかりと受けとめて活動をしていこうというその心意気に共感いたしました。

松下幸之助のプラス思考の物の見方・考え方が少しでもお役に立てていただけるのであればと思い、応援メッセージを認めさせていただいた次第です。

公益財団法人 松下社会科学振興財団 専務理事
松下資料館 館長 遠藤 紀夫