About Rooters

応援団からのメッセージ

「カサンドラ・ラボ札幌」のアクションに賛同してくださったプロフェッショナルな皆様より応援のメッセージを頂きました!!

【応援団】飯田 美名子 様.jpg
​飯田 美名子 

応援しています!
アスペルガー症候群や発達障害などを身近で支えていく全国のカサンドラの方たちのため、神田 裕子先生が、カサンドラ・ラボ札幌を立ち上げました。
心理学のスペシャリストがアスペルガーや発達障害とカサンドラ症候群に苦しむ方たちの救いになることでしょう。
札幌を皮切りに全国展開をしていきます。
神田 裕子先生とカサンドラ・ラボのますますの発展を応援しています。

株式会社 フジヨシ 飯田 美名子

 
192356454_316133950136099_72000766104009
​たけのうち 有美 

 

私の前職は養護教諭で、30年以上保健室で子ども・保護者と向き合ってきました。
「発達障害」は今や誰もが知る言葉となりましたが、働き始めた頃はあまり知られていませんでした。
思いをわかってもらえず苦しむ子どもたちや「自分の育て方が悪かったのではないか」と悩む保護者にもたくさん出会ってきました。
誰しもがあるはずのさまざまな特性がマイナスに捉えられることは、その存在を否定することに繋がります。
「みんな違って当たり前! 」とそれぞれを尊重しあえる社会を作るためには、正しい知識や当事者の声なき声に耳を傾けることがまず何より大切だと思います。
そういった意味で、カサンドラ・ラボ札幌さんには大きな期待を寄せています。
ともに頑張りましょう!!

札幌市議会議員 ​たけのうち 有美

 
193175941_1164803267321923_1099556076143
小島 雅子 

私は、発達障害のお子さんをもつお母さんの為の"居場所作り"の活動をしています『はぐママ』の小島雅子と申します。


私自身も発達障害の息子二人を子育てしてきた経験から、辛い思いをしているお母さんに寄り添い、心も体も元気になってもらおうと活動して今年で3年目に突入いたしました。

神田裕子先生は、専門学校時代の担任の先生で、時にはお姉さんのような存在でもありました。

再び、30年ぶりに神田先生とのご縁をいただき感無量です。

生きづらさを抱えている方やご家族にとって『カサンドラ・ラボ札幌』が希望の光になりますように。

はぐママにとっても心強い味方であり存在です。

応援しています!!

はぐママ 代表 小島 雅子

 
185232739_917203575587581_81902384378806
佐藤 加根子 

 

私には知的障害を伴う自閉症の29歳の息子がいます。
15年前音楽家の夫とのかみ合わない暮しに終止符を打ち、ファイナンシャルプランナーとして働きながら、シングルで育てました。
その経験を活かし、現在は障害のある子を持つ親御さんの家計管理や「親なき後」への準備をサポートしています。
発達障害は見た目には障害と分からないので、「母親の育て方が悪い」とバッシングされることも多く、それ故に精神的ダメージも大きくなります。
神田先生の投稿を読んで、夫がもし発達障害だったら…と仮定してみました。
今思い返すと、音楽一筋で世間にうといと思っていましたが、夫ももしかするとそうだったのかもしれません。
以前、他のプロジェクトでお世話になった神田裕子先 生が、今回カサンドラ・ラボを立ち上げるとお聞きして運命を 感じました。
今後の活動を心より応援しております!

一般社団法人 障害のある子のライフプランサポート協会 代表理事 佐藤 加根子

 
198836732_1422100651477341_7617727588800
鳥飼 康二 

 

「カサンドラ・ラボ札幌」の設立、おめでとうございます。

私は、弁護士して、妻側でも夫側でも離婚事件を扱っていますが、「カサンドラ症候群ではないか?」と思われる事例にときどき遭遇します。
カサンドラ症候群の当事者の方は、他人が想像できないくらい辛い思いをされていることでしょう。
ただ、やみくもに対立を深めるだけでは、良い解決に繋がらないと思います。
法律について、自分に有利な主張を実現するための手段 (武器) というイメージがあるかと思いますが、家族関係 (人間関係) のトラブルは、理屈でスパッと割り切って解決できるものではありません。
このように、法律で出来ることは限られていますので、この「カサンドラ・ラボ札幌」の皆さまと一緒に、これからも良い解決を追求していきたいと考えています。

弁護士・産業カウンセラー 鳥飼 康二

 
202468875_1140766373100227_3227906124634
​新野 ひかり 

 

私は、医療、行政、支援センター等、どこへ行っても家族や周囲が抱える悩みについては全く理解が得られなかった、そんな経験からカサンドラ連合を立ち上げました。

これはある意味、期待することへの諦めがありました。
理解も何も無いなら、自分達の共感の力でカサンドラ症候群からの回復を目指す。
そういった主旨だったので、カサンドラ・ラボ札幌さん設立のお知らせを頂き、とても驚きました。
理解されない現状を踏まえて、社会や国、自治体へ課題を提言されていくとのこと、それはやはり、多くのカサンドラが待ち望んでいたものに違いないからです。

そして、まだ大人の発達障害やカサンドラ症候群を知らずに悩む方を助けることにもなるはずです。
私もお力になれるよう、励んでまいります。
そして何より、カサンドラ・ラボ札幌さんを全力で応援しています!

カサンドラ連合 代表 新野 ひかり

 
195444039_974021166666251_16256190229571
繁冨 奈津子 

「カサンドラ・ラボ札幌」の活動は、今まで社会の中で葛藤を抱えてきた方や不安と戦ってきた方にとって、唯一無二の存在になると思います。
「カサンドラ・ラボ札幌」のご発展を心より応援しております。

【North-Womanとは】
North-Womanは2015年より北海道の札幌・旭川・室蘭に拠点を置き、セミナーや交流会、イベント等を開催し、成長の場・チャレンジの場・交流の場を提供しています。
様々な立場の方が「自分らしく」「笑顔」を大切に活動している女性のコミュニティです。

North-Woman 代表 繁冨 奈津子

 
241039229_168121122104192_690693665446984046_n.jpg
吉田 佳代子 

カサンドラ・ラボ札幌の設立、おめでとうございます!

カサラボのサポートを待ち望んでいらした方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。
想いをきちんとカタチにして、拡げていく神田さん、本当にいつも尊敬しています。

 

私は東京で、発達障がいの方が対象の、生きていく力 (生活力) をトレーニングするための短期利用シェアハウス「Step(s)のがた」を運営しています。
家庭でも職場でもない第三の場で自分が”出来ること”や”難しいこと”などに自身で気が付き、取り組み方についてを学ぶ場です。

 

発達障がいの方は自分の行動や発言が他者へどのような影響を与えるのか、客観的にイメージすることが苦手です。
このシェアハウスの1室で私も共同生活をしながら、客観的にみて感じた意見や気付きをフィードバックしていき、まずは気付いていただく。
自らの気付きこそが、次の行動へのモチベーションになっていきます。

 

カサラボは、ご利用される方々が誰かに話すことでたくさんの気付きを得られ、安心して前へ進んでいくための場、背中を押してくれる場になっていくのだろうなと思っています。
カサンドラ・ラボ札幌の益々のご発展をお祈りしています!


一般社団法人 つなぐいっぽ 代表理事 吉田 佳代子

 
214892585_577097839943038_2129693766307725194_n.jpg
小原 恵美 

発達障害という言葉を身近に聞くことが多くなった今、暮らしの中で「おや? この行動は発達障害かな?」と思うことが多々あります。
私は発達障害も自身や周りの理解があれば、眼鏡を掛けている、杖をついていると同じように生きやすくなるものだと考えています。
神田さんから家族不和の原因になったり、仕事で上手くチームワークが発揮できなかったりする人も多く悩んでいる人が多いと聞きました。
発達障害で生きづらい人たちが、1人でも多く自分らしく生きることのできる社会の関わりができればと願っています。

神田さんとは、大学院入試の時の帰り道からはじまり、同級生としてともに学び一緒に卒業しました。
人生の大先輩ですが、神田さんに興味深々です!
いつも初心を忘れず、誰にでも優しく、新しいアクションを起こしていく神田さんの姿を尊敬しています。
看護師である私は、「コミュニティナース」という、地域で活躍するナースの育成をスタートしております。


ハノン・ケアシステム株式会社 地域連携担当 小原 恵美

 
hinata.png
水月 ひなた 

カサンドラ・ラボ札幌 設立おめでとうございます!

カサンドラ症候群専用サイト「りあん」を運営しています 水月ひなたです。
私も 子供 & ダンナが 発達障害で どこにも相談できる場所がなく 自分で作ってしまった1人です(笑)
現在 発達障害は認知が広がっていますが カサンドラについてはまだまだ認知がされておらず カサンドラの言葉自体 何それ? という反応がほとんどです。
そんな中 カサンドラ・ラボ札幌さんの設立は カサンドラの認知が広がるきっかけになると思っています!
全国には カサンドラで悩んでいても 自覚がなく どこへ相談したら良いのかわからない人が多数います。
そんな方々に向けて カサンドラ・ラボ札幌さんは 心の支えになると思います。
「りあん」も微力ながらお手伝いができれば と思っております。


りあん 代表 水月 ひなた

 
tanita.png
 
谷田 綾乃様

カサンドラ・ラボ設立に寄せて

 

「カサンドラ・ラボ札幌」の設立、おめでとうございます。

カサンドラさんが安心して相談できる場所が限られている現状で、発達障害とカサンドラに特化した「カサンドラ・ラボ札幌」は、たくさんの方の希望の光となることと思います。

 

私は、行政書士として、パートナーの発達障害を理由に離婚される方の離婚協議書作成を専門にしています。

その中で感じることは、「離婚」が必ずしもカサンドラの回復につながるわけではないということです。

離婚後に、晴れ晴れと新しい生活をスタートできるかどうかは、自分の心の整理次第。そして、心を整理するためには、「カサンドラ・ラボ札幌」の皆さまのような、カサンドラに理解があって信頼できる人との出会いが不可欠だと感じています。

 

心より応援しております!

 

谷田 綾乃